A.O.I | Mouth to Hands 情報!


2004年12月号
Band Journal」にインタビュー記事が掲載されております。
Jazz Life」にインタビュー記事及びCD紹介が掲載されております。
ADLIB」にインタビュー記事及びCD紹介が掲載されております。
The SAX vol.12」に紹介記事が掲載されております。
管楽器パラダイス 2004WINTER」に紹介記事が掲載されております。


宮崎隆睦 (テナー・サックス、ソプラノ・サックス、EWI)
1969.5.23生まれ 神戸市出身
13才からSAXを始め、16才には地元のジャズクラブ等で活動。
大学卒業後米バークリー音楽院に留学し3年間の在学中に
ナタリー・コール、ナット・アダレイと共演、またNYでT-SQUAREと出会い
帰国後も親交を深め1998年にT-SQUAREに加入。
その間にボズ・スキャッグスのジャパンツアーや織田裕二、古内東子の
ツアーなどに参加。2000年T-SQUARE脱退、ソロとなる。
現在も様々なサポートツアーやレコーディング等に加え1997年より
Artists Villageの講師、2003年春より昭和音大ポピュラー科の非常勤講師を務め、
都内をはじめ各地でもレッスン、クリニックも行っている。
高橋亞土(キーボード、その他)
1963.4.10生まれ 名古屋市出身
幼少の頃より音楽に親しみ、1985年よりプロとして活動。
石井達也、及川光廣、中西圭三、阿川泰子、鈴木聖美、田原俊彦、谷村新司等々
のライブサポート、レコーディング、アレンジ、プロデュースを手掛ける。
現在はセルフプロデュースによるLive活動も積極的に行い、様々なジャンルで
キーボード、アレンジャーとして活躍している。
又、最近はその経験とアイデアを活かし新人バンドのサウンドプロデューサーも
積極的に行いその才能を余すこと無く発揮している。

(c)CHICKEN GEORGE Entertainment INC.All rights reserved.